肉球ふみふみ

WEB and DTP Designing Producer's Diary / LOVE: Camera/DJ/Cat/Car/Jazz/SCOTLAND/

ミノルタカメラファングループについて

ミノルタカメラファングループについて
 
1.設立経緯
2006年カメラ事業のソニー継承以来、それまで多くいたミノルタファンは終束の一途を辿ることとなりました。あれから12年…2018年の現在はデジタルカメラ全盛ではありますが、一方で若い人たちの間で写ルンですがブームになるなど、一部でフィルムカメラが見直されつつあります。そしてミラーレスカメラの登場により、かつての古いレンズたちは今また新たなカメラボディと共に息を吹き返す…そんな光景も多く見られるようになりました。
最新高性能レンズにはない、柔らかさやノスタルジックな写りや個々のレンズのもつ特徴を楽しむ人たちはとても多くいます。高精細なデジタル表現とは別の次元で、フィルム写真の持つ独特の風合いは普遍的に人々を惹きつけるのかも知れません。
以前デジタル音源のCDが出現したとき、アナログレコードは消え行くと言われましたが、時を経て現在マイノリティではあるもののレコードプレーヤーは新製品が出るほどに復刻しました。
かつてのミノルタカメラユーザーは自然消滅してゆく、半ば諦めかけていたことでしたが、そんな時代の中で新たなミノルタファンが生まれていることも確かです。
私はひとりのミノルタファンとして自分に何かできないかと思うようになりました。
当初ユーザーグループを探してみたのですが容易に見つけられなかったため、この度新設することに致しました。長く存続し、全国、全世界に散らばるミノルタファンのネットワークを作ることが出来れば幸いです。
 
2.目的
主目的:ユーザー同士の交流、情報交換
ユーザー同士がカメラやレンズの操作方法や情報を交換することによって、ミノルタカメラを現役利用する一助となること
・自身で行えるメンテナンス情報の共有、メンテナンス業者やショップ情報の共有など、長く利用継続できる体制作りへの貢献
 
3.活動
・イベントの開催
 
4.グループメンバーについて
ミノルタカメラもしくはレンズを所有する者
・その他、主宰者が相当と認める者
 
5.メンバー数(Twitterフォロワー数)
125名(2018年4月13日現在)
 
6.ユーザーアカウント(Twitter
 
7.主宰者
ツイッターアカウント(ハンドル名:そふ)